2016年8月31日水曜日

海水水槽 育成編01 ライブロック! ライブロック! ライブロック!

こんばんは!


前回、準備が整いました!



書いたのですが、よく考えたら・・・

まだ本当はありました!


ライブロック!

っていっても、初心者の僕には・・

なんじゃそりゃ!



という状態です。


なんか必要だー!って書いてあるんですよね。
至る所に。


そして、調べました!


ライブロックとは・・・(From Wikipedia)
ライブロック(Live rock)とは、珊瑚礁を形成する浅海において主に死サンゴの骨格が風化し、表層に様々な生物群集が繁殖した状態のものを指す。
ベルリン式、さらに広い意味でのナチュラルシステムでのリーフアクアリウム飼育に必須なアイテムである。これに生息する無脊椎動物やバクテリアなどの生物群集が閉鎖環境下の水質維持に貢献するからである(硝化・脱窒)。

 → サンゴの岩ってことかしら。水質維持・・ふむふむ。

天然のライブロックには水槽内では生存出来ない生物種も多く付着しており、そのまま水槽へ投入すると死滅・腐敗する可能性が高いため、キュアリングという作業を行う必要がある。これは、大量の海水中に強めの水流・エアレーションで攪拌し、定期的に換水しながら一定期間放置することである。これを上手に行うことで、閉鎖水域でも生存可能な生物のみを水槽へ導入でき、安全である。一般にカイメン類は腐敗する傾向がある。

 → キュアリング!・・なるほど、いきなり入れちゃダメなのね。

ライブロックに付着する生物が必ずしも有益とは限らない。カニ類は魚を捕食したり、レイアウトを崩すこともある。ウニ類は種類によっては海藻を食べてくれる為有用とされるが、それでも大きくなるとレイアウトを崩すことがある。魚食性のシャコや刺胞毒の強いイソギンチャクなどが付いていることもあるし、サンゴを捕食する巻き貝がいることもある。これらを取り除くことも、上記キュアリングの目的のひとつである。

 → シャコ!そんなのもいるんですな。。。キュアリングは必須っと。

上記のように、ライブロックはそれ自体、生き物として見なすべきである。上手に飼育することで数ヶ月後に思わぬ生き物が顔を出すこともある。また、飼育期間が長くなった場合、ライブロックを新しいものに交換する手法を取る人もいる。

 → 思わぬ生き物・・・何が出るんだ!?




なるほど、水質維持ができるんですね。

ただ、いきなりぶっ込んじゃダメと。


ただ、、どこで買っていいかわからないので、、

困ったときののチャームさん。


ライブロック EXSグレード レッドロック 30cmキューブ水槽セット(形状お任せ)

icon icon

これにしました。

30キューブじゃないのですが、セットなら良いかなと。

セットは、以下です。


EXSグレード レッドロック SSサイズ × 1個
EXSグレード レッドロック  Sサイズ × 2個
EXSグレード レッドロック  Mサイズ × 2個

●SSサイズ―5~10cm程度の大きさとなります。
●Sサイズ―握り拳大程度の大きさ、1個当たり200g~500g程度となります。
●Mサイズ―握り拳2~3個程度の大きさ、1個当たり500g~1.2kg程度となります。
※同程度の大きさでも内部の隙間の量、ベース岩の質により重さが大きく異なることがあります。


最初なのでフンパツしました!



・・

・・・

結構、高いっすね!


そして・・

キュアリング用に買いました!


これです!





コーラルクリーナー リバイブです!


これらを使ってキュアリングしてみたいと思います。


----------------------------------------------------------------------------

さて、追記です。

実際、どんなライブロックが来たのかというとこんなのが来ました!

※レイアウト後です。





僕にはもったいないぐらい良いライブロックが来ました!

ありがとうございます!


----------------------------------------------------------------------------



あ、あと、底砂のことを忘れてました。


今回は、以下です!


カミハタさんのカリブシー アラゴナイト アラガマックス セレクトです。

実は海道システムとセットで購入済みでした!




アラゴナイト アラガマックス セレクト
アラゴナイトは太古の昔の生物(貝や海藻など)の化石です。

カリブシー社のアラゴナイトはやわらかい結晶構造で溶解性が高いため、底砂として使用することによってろ過バクテリアの棲み処となるだけでなく、サンゴや魚の生育に必要な微量元素ミネラルを安定供給することができます。

また、カリブシー社製アラゴナイトサンドはコケや水質悪化の原因となる有機物、リン、窒素の含有量が低いのが特長です。


よくわかりませんが、良さそう


さてさて、いつになったら水槽が出てくるのか!?




こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

よかったら、ポチってくださいませ!




チャーム本店


0 件のコメント:

コメントを投稿