2016年8月27日土曜日

海水水槽 準備編06 ZC-100αについて

こんばんは!


前回はクーラーの必要性について考えてみました。
また、ゼンスイさんのZC-100αに決定したところまでお伝えしました。

正直、なぜコレにしたのか詳しい説明をしてなかったのですが、

本当は確かな性能静音性が決め手となっていました。


実は、ウチにはゼンスイのクーラーが4つあります!


そして、1つは予備です!!

故障と修理を2回繰り返したクーラーで・・
ちょっと古いんですよね。
2012年かな・・・買ったのは。


今回、余ってるから使おう!!とは思わず、
ええぃ買ってしまえ!ということで買いました。


本当は、常時使用するのは怖くて・・・
というのも前回修理したときも、ゼンスイの修理担当の方から

『ちょっと古いんで買い直した方が良いっすよ!』

と言われたからでした!

ビビりな僕は、予備機ということにするってことで納得したのです。



ということで、前回決定したクーラーを、ポチりました。


ディスカウントアクアさんから。
(安かったので!)


→あっという間に届きました!(ウソです普通に届きました。)






では、仕様を確認しましょう。

製品名ZC-100α
冷却水量目安クーラー周囲温度30℃設定温度25℃100L
設定温度15℃40L
クーラー周囲温度35℃設定温度25℃70L
設定温度15℃25L
ポンプ流量(L/min)5~15
接続可能ホース径(mm)内径 12
ヒーター接続容量100V 300W以内
電圧  (V)100
コンプレッサー出力(W)30
冷凍機能力 50/60Hz (kw)0.09/0.11
消費電力 50/60Hz (W)95/112
冷媒R-134a
本体サイズW×D×H196×320×350(358)
箱サイズW×D×H (mm)265×390×400
重量(kg)10


ということで海道システムの水量:36Lに対して十分な能力を有してます!

普段は淡水60センチ水槽で使用してて問題なく稼働しているので、
このあたりは安心です。


実際は温度が高くなると、、、鈍いブンという音と同時に稼働が始まりますが
目的の水温になると自動的に止まります。


それほど耳障りな音でなく静かという印象です。


ずっと稼働することはなく、ピンポイントに必要なタイミングで動くので
気になりません。


メーカーの売り文句である、

1.クラスNo.1の高性能&省エネ
2.クラスNo.1の静音性

このあたりは個人的にもうなずけると思ってます!


・・・ただ、、、、海水では初めてなので何も言えないのですが、

カミハタさんでも推奨されているので・・・・



信じることにしましょう!!




それでは、また!




こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

よかったら、ポチってくださいませ!




チャーム本店


0 件のコメント:

コメントを投稿