2016年9月3日土曜日

海水水槽 育成編03 水槽立ち上げたが・・・ちょっと後悔してること

こんばんは!

前回は水槽を立ち上げました。

そして、、今日は、ああっ、忘れた!というお話です。


後悔 その①:底砂を洗うの忘れた・・・


そう、淡水の癖があって、ソイルはそのまま洗わずぶっ込む的なノリで
入れちゃったんです。




そう、アラゴナイト アラガマックス セレクトの後ろの袋にもちゃーんと、




カリブシー・アラゴナイトサンドは、やわらかい物性が特徴ですから、

水槽投入直後は、白濁りが発生致します。これを低減するために、

水道水などで軽く洗ってから水槽に投入してください。




って書いてありました!

そして、くだらないことに気づきました。

Made in U.S.A.

なんですね。これ。

アラゴナイトは米国のカリブシー社のものだからなんですね。


僕的には久々に見ました!

Made in U.S.A.



で、どうでもいい話はおいておいて、新しい水槽で浮かれてて、洗うの忘れました!

そのままぶっ込んでしまったのですが、特に対処はしません!・・っていうかできません!

様子を見ていきます!


翌日には水は透明になっていっていますので、まぁ いっか!と思いました!


但し、空気抜きを行うために、ちょっと底砂をいじったのですが、

その時は白濁しました!




後悔 その②:初めての淡水浴で・・・pH合わせるの忘れた!


そう、到着したカクレクマノミに初めて淡水浴をやりました!

淡水浴・・・グッピーを塩水に入れる感覚かな。。。とおもってしまいました。



淡水浴のまとめ


目的

・トリートメントとしてショップから来たお魚さんに実施する

・白点病やその他調子が悪いお魚さんに実施する


効果

・寄生虫やカビ菌を浸透圧の違いで駆除する


用意するもの

・淡水→カルキ抜きをした水道水

・pHを調整するもの→テトラ PH/KHプラスなどの調整剤

・プラケース

・エアレーション

・戻すとき用の海水→淡水浴後に徐々にいれる

・アクアセイフ→あればなお良し


手順

・お魚さんを小さいプラケースなどに移す

・pHを調整し、エアレーションを行っている淡水(アクアセイフがあればいれる)を
  入れたプラケースを用意

・慎重に小さいプラケースから淡水プラケースにお魚を移す

・よくよく観察する

・淡水浴中に調子が悪くなったお魚さんは場合により海水を足したり、水流を作ってあげる

・寄生虫が発見された場合は、数日間の期間を経て複数回淡水浴を実施する

・3分から10分(魚の種類により)淡水浴を行った後、徐々に海水を入れて海水に慣らす



ということで、うちのカクレクマノミさんを上記手順に従い実施したのですが。。。。



ぁあああああ、せっかく買ったpH調整材いれんの忘れて淡水浴した!!!



いきなり、ミスりました。




・・

・・・

が、カクレクマノミさんは元気いっぱいにあっさりと淡水浴をこなしました。

pH調整してないけど!!!


そして、写真とるのも忘れてます!

ごめんなさい。


飼い主の方が、淡水浴に慣れてなく、舞い上がってましたね・・・




こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

よかったら、ポチってくださいませ!




チャーム本店


0 件のコメント:

コメントを投稿